しっぺい奴(やっこ)
第20回 いわた大祭り
遠州大名行列・舞車
中止のお知らせとお詫び

   この度、磐田市においてコロナウィルス感染症が急拡大したため、大変残念ながら5月22日予定の第20回「遠州大名行列・舞車」を中止せざるを得なくなりました。ご出演・ご参加のご辞退が相次ぎましたことと、何よりもこれ以上の感染拡大の危険を回避させなくてはなりません。昨年に続き2年連続の中止は実行委員会として大変偲びがたいことではございますが、皆様にはご理解賜りますなら幸いにございます。

   これまで、お心温かなご支援を賜っており心より感謝致しております。再開できます折には19回までと同様よろしくお願い申し上げます。

   なお、頂戴しました浄財はお預かりして来年度使用させて頂きたく存じます。ご了解下さいますようお願い申し上げます。

令和3年5月14日
いわた大祭り実行委員会
委員長  小杉 泰久

連絡先:いわた大祭り実行委員会
事務局 Tel 37−3792

踊るしっぺい

お知らせ・新着情報のバナー


オープニングイベントの写真  見付宿東木戸から西に向けてオープニングパレード。 引き続いて手踊り「輝け日本富士山おどり・男踊りの唄」が行われます。
 特設ステージでは、市内外の中学・高校吹奏楽部による演奏が行われます。
遠州大名行列の写真  遠州大名行列は、見付本通りを舞台に、江戸絵巻を展開します。 地元中学生が扮する奴衆の所作も若々しくとてもさわやかです。
 今年は、江戸時代の天明年間、今之浦に多数生息していたすっぽんを料理して売り出し、見付宿の名物となったお話です。
舞車おどりの写真  見付宿場通りを一台ステージに、さまざまな衣装で踊るダンスフェスティバル。サルサ、サンバ、音頭などのリズムに心を合わせて踊る楽しさを、ぜひ満喫してください。 審査の結果、豪華賞金・賞品あり!
薪舞の写真  その昔、親に引き裂かれた男女が祇園祭の夜に見付宿の東西の舞車に乗って引き合わされ再会を果たしたという、謡曲にも謡われた中世の故事を再現しました。
 幻想的な世界にご案内します。